持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

温暖化のニュースで出てくるIPCCとは

●2015年から2018年はもっとも暑い4年間だった

ここ数年、天候を表す時に、「記録的な」とか「データを取り始めた00年以降初めて」という枕ことばをよく耳にします。昨年も西日本豪雨があり、平成最悪の人的被害をもたらしました。

今年に入って世界気象機関(WMO)、米航空宇宙局(NASA)、米海洋大気局(NOAA)という名だたる気象に関する組織が相次いで、2015年から2018年の4年間は、観測史上もっとも暑い年の上位4位までを占めたことを発表しました。このまま温度上昇が続いたら、いったいどうなってしまうのでしょうか。

こうした気候に関する情報を評価し発信しているのが、国連の「気候変動に関する政府間パネル」、略称IPCCです。今回はIPCCとは私たちにとってどんな存在なのかを見ていきたいと思います。

●IPCCの報告書は世界の研究者全員の意見?

IPCCは、人が原因となっている気候変化や影響、それへの適応と影響を和らげるための方策を科学的に評価し報告する組織として、1988年にWMOと国連環境計画(UNEP)によって設立されたものです。その名の通り政府間組織であり、現在は195カ国が参加しています。

IPCCは1988年に第1次評価報告書を発表。その後も約6年おきに新しい報告書を発表しています。IPCCの報告書の最大の特徴は、世界各国から集まった数百人の研究者が相互に内容をチェックし、合意事項としてまとめたものだということです。加えて報告書のチェックでは各国政府も目を通していて、国際的な交渉や各国の政策立案の基礎資料にも使われています。

ただ、IPCCは何か新しい研究をしているわけではなく、発表されている最新の知見、つまり新しい研究を「評価」して、現状を分析することが主な目的の組織です。最新の第5次評価報告書では、参照した論文の数は数万に及び、作業中の報告書案には世界の研究者や政府から14万以上のコメントが寄せられています。これらを80カ国、800人以上の研究者が一つ一つ確認し、再び回覧するという気の遠くなる作業をしてまとめています。ですから、このようにしてつくられた報告書ですから、これは、気象の現状に対する世界の「総意」と言えるかもしれません。

2019.03.25