持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

【SDGsカジュアル講座#2】海にプラゴミが溢れた理由と私たちにできること

SDGsがつくられた背景にあるクリアすべき課題

以前のコラムで、『SDGsとは何か・なぜ、持続可能社会を目指す必要があるのか』についてご説明しましたが、今回は、世界共通目標であるSDGsがつくられた背景にある課題について取り上げたいと思います。クリアすべき課題は多数ありますが、まずは、SDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」に関係する”海洋プラスチック問題”について詳しくみていきましょう。

まず、海洋プラスチックゴミ問題の話題になると使用されることの多い、プラスチックゴミだらけの海の写真。このようなこのような目に見えるプラスチックゴミは、海の中で長期間漂っているうちに粉々に砕け、1mmよりもさらに小さい「マイクロプラスチック」になります。このマイクロプラスチックが海洋中を漂い、魚やクジラなどが飲み込むことにより、海洋生物の体内にも蓄積されてしまいます。そして、魚などを食べたり、海洋深層水などを飲んだりすることで、人間の体内にもマイクロプラスチックが取り込まれてしまうということになるのです。マイクロプラスチックは汚染物質を吸着しやすい性質があるため、マイクロプラスチックを体内に取り込むことは、健康被害をもたらす可能性が高いとも言われています。

しかし、日本に住んでいると、写真のようなプラスチックゴミで溢れかえった海を見かけることは少ないかと思います。むしろ、ゴミ収集日に出して、海にプラスチックゴミを捨てるなんてことはしないという方が大半でしょう。ではなぜ、海にプラスチックゴミが溢れかえるようになったかというと、それは、先進国で廃棄されたプラスチックゴミが発展途上国と呼ばれる国に輸出されていたからなのです。

 

プラスチックゴミ輸出のその先

先進国で出たプラスチックゴミを発展途上国の国に輸出しても、輸出先の事業者が正しい処理を行っていればこのような事態は引き起こされていなかったかもしれません。しかし、あろうことか、少なくない数の事業者が輸入したプラスチックゴミを海に不法投棄していたのです。もし、処理が行われたといっても、そのような国々では埋め立てたり、不法投棄したりするしか方法がありませんでした。

そもそも、先進国側でプラスチックゴミを輸出せずに、自国内できちんと処理できていれば、このような事態は起こっていなかったかもしれません。ただ、残念なことに全てのプラスチックがリサイクルできるというわけではないのです。そのため、国内に溜まったプラスチックごみの置き場に困った日本をはじめとした先進国が、規制の緩かった発展途上国にプラスチックごみを輸出する、という事態が起きていたのです。なお、様々な問題が発生したために、現在、中国をはじめとしたほとんどの国でごみを輸入することは禁止されています。

2020.08.04