持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

【SDGsカジュアル講座#3】貧困問題の解決なくして、SDGs達成は望めない

絶対的貧困と相対的貧困

SDGsが掲げる17の目標の一番はじめに掲げられているのが「貧困をなくそう」です。世界には、1日当たり1.9ドル未満で生活している、極度の貧困(絶対的貧困)の状態で暮らしている人が、人類の10分の1(7億人)以上いるといわれています。安全な水や食料の確保もままならず、衛生的な住居やトイレなどを利用することができず、ちょっとした病気やけがで簡単に命を落としかねない、ギリギリの状態に置かれているのです。戦争や内戦による社会基盤の破壊、政治的・社会的な混乱、砂漠化など環境要因による国土の荒廃、食糧不足、などといった様々な問題が、原因でもあり帰結でもある、非常に深刻な事態です。

一方、先進国にも貧困は存在します。その多くが相対的貧困と呼ばれるもので、正確な定義は難しいのですが、簡単に言うと、平均的な所得の半分以下で生活している人々です。その国の生活水準に対して適正な生活を営むことができない人々、という事です。あくまでも集団の中での相対的な所得水準で決まるので、該当する人は先進国にも発展途上国にもそれぞれ存在します。

絶対的貧困と相対的貧困はレベルの差こそあれ、いずれの貧困も「将来への希望を持てない」という意味では同じです。将来への希望が持てなければ、将来へ向けて努力する意欲も生まれず、結果として貧困が親から子へと受け継がれていく「負の連鎖」が生まれます。それによって貧困層が固定化し、経済格差がますます拡大していくことになってしまうのです。

貧困は、相対的な弱者である、子供や女性により深刻なダメージをもたらします。特に子供の貧困は、子供の健康や健全な発育を阻害するだけでなく、子供の自己肯定感や学習意欲を奪い、将来の可能性の芽を摘み取ってしまうために、負の連鎖、貧困の再生産に繋がってしまいます。

例えば日本では、“7人に1人の子供が相対的貧困の状態”にあるといわれています。これは、先進国では最悪の水準で、相対的貧困の状態にある世帯の半分がひとり親世帯であることと密接に関連しています。ひとり親世帯では仕事や家事、育児を一人で回さなければならないために、経済的・時間的・精神的にも子供とのコミュニケーションにも余裕がないのです。日本では特に、母親が子供を一人で育てるシングルマザーのケースが多く、女性の貧困とも深く結びついている問題でもあるのです。

2020.08.11