持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

【SDGsカジュアル講座#4】「地球温暖化」。これからどうなるの?(その1)

持続可能な次世代社会を構築するための最大の課題

地球温暖化はここ数年で登場した話題ではなく、1988年以降ずっと言われ続けている問題です。地球温暖化による気候変動問題は、これからも地球で暮らし、持続可能な次世代社会を構築するためには、解決する必要すべき最重要課題の一つです。

地球温暖化・気候変動が引き金となった自然災害

2019年は、世界中の若者たちが世界の指導者や巨大企業の経営者たちを相手に、大きな声を上げ始めました。グレタ・トゥーンベリさんを筆頭とする若者たちの抗議活動は、ソーシャルメディアの発達により、瞬く間に全世界に広がり、日本の若者たちも、世界中の若者と歩調を合わせて、様々な抗議活動を展開するなど、大きなムーブメントとなりました。

世間的には、去年から環境問題がクローズアップされはじめていますが、それ以前の2015年には、パリ条約が採択され、『世界の平均気温の上昇を1.5度未満に抑える努力をする』という目標が掲げられ、条約が結ばれるほど、全世界的に地球温暖化や気候変動が喫緊の課題とされています。今現在、温暖化がそれほどの脅威となっているのでしょうか。地球温暖化・気候変動が原因で起こった事例を見てみましょう。

●北極海の氷が溶けている
1979年以降、北極海を覆う氷の長期的な減少が続いています。毎年、北海道の面積に匹敵するほどの大量の氷がなくなっていると言われています。氷が解けることで、太陽の光を海面が吸収する割合が増え、それによって暖められた海面がさらに氷を解かすという悪循環に陥っていると考えられています。

●サンゴの白化現象
1980年代から世界各地でサンゴの白化現象が起きています。高温になった海水の影響により、サンゴに共生している藻が失われるために白く見えるのですが、この状態が長く続くとサンゴは死滅してしまいます。1997年から続く世界的な海水温の上昇によって、さらに広範囲のサンゴが失われてしまいました。

●ヨーロッパの記録的な熱波
2003年にはヨーロッパ各地が記録的な熱波に襲われ、7万人ともいわれる死者を出しています。こういった熱波はそれ以降もたびたび、ヨーロッパ各地を襲っています。

●バングラディッシュを襲ったサイクロン
2007年にバングラデシュを襲ったサイクロン・シドル。国土の大半が低地であるバングラデッシュに深刻な被害をもたらし、4,000人を超える死者を出しました。

●日本の豪雨被害
日本でも異常気象が続いています。「平成30年7月豪雨」では、九州地方から東海地方にかけて、台風7号がもたらした大雨による冠水や川の氾濫、土砂崩れなどで、死者200人を超える甚大な被害が発生しました。
 

2020.08.18