持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

【 SDGsカジュアル講座#5 】次世代社会の電気はどうなるの?

これまでSDGsカジュアル講座では、「なぜ、持続可能な社会を目指すのか」や「貧困問題の現状と対策」、「地球温暖化の原因とこれから予想される被害」など、SDGsに関係する問題や課題について解説してきました。第6回となる今回は、持続可能な次世代社会を構築するために必要な課題の一つである「次世代社会の電気」を取り上げたいと思います。

 

化石燃料からの卒業がキーワード

第5回では、地球温暖化・気候変動問題の主要な原因となるCO2の削減には、”化石燃料からの卒業”が必要であるということを説明しました。化石燃料からの卒業というと、それに代わるエネルギーとして原子力と再生可能エネルギーが考えられますが、2011年の東日本大震災で起こったフクシマの例もある通り、原子力は持続可能であるとはまったく言えません。再生可能エネルギーこそが、持続可能な次世代社会の構築に必要なのです。

再生可能エネルギーを化石燃料に代わる規模で活用するためには、これまでと同じ社会のしくみでは、持続可能な次世代社会とはならないのです。

では、再生可能エネルギーを使うことでどんな社会に変わっていくべきなのか?それは、「循環型社会」に変わっていくべきであるとエコイスト編集部は考えます。持続可能な社会を構築するためには「循環型社会」に移行する必要があるのです。 

 

循環型社会とは

「循環型社会」とは、3Rといった資源循環や、化石由来資源の消費の抑制、自然環境保全などさまざまな課題を統合した、新しい社会の在り方についての概念です。化石由来資源の消費の抑制イコールCO2排出抑制という観点から説明しようと思います。

現在、石油・石炭といった化石燃料を大量に消費する大きな要因となっているのが、火力発電と自動車です。製造業をはじめとするあらゆる産業や、私たちの社会を稼働するために欠かせない電気と、ヒトやモノを移動させるためのエネルギーの多くを、これまで化石燃料に頼ってきました。

最近では少しずつ自動車のEV化を目指す取り組みも盛んになってきているので、そのぶん、化石燃料の使用が減っていると勘違いされている方も多いと思います。しかし、EVを動かすための電気の多くが化石燃料由来なので、今のままでは電気自動車の普及がダイレクトにCO2排出の削減とはならないのです。

これまで私たちの社会で構築されてきた電気のインフラは、大規模な発電所で集中的に発電した電気を、大規模な送電網で遠くまで運んで利用する、というスタイルが主流でした。効率的かつ安定的に電気を供給するために、これまで構築されてきた仕組みです。

しかし、いつまでもこのようなスタイルで電気の利用を続けていては、大量のCO2を排出して環境に大きな負荷をかけるばかりでなく、送電網を建設・維持するための膨大な資材は資源利用の抑制という観点からも好ましくありません。

2020.09.01