持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

輸送分野での“脱・ディーゼル”

 ガソリンと比べて単価が安く、二酸化炭素の排出量が少ないディーゼルエンジン。しかし、窒素酸化物や粒子状物質の排出が多いというデメリットもあり、日本国内では商用車中心で乗用車にはあまり普及していません。そのため、バスやトラックは黒い煙を噴き出して走るイメージが強いですが、最新モデルでは環境性能がかなり向上していることを知っていますか?

 現在、東京ビッグサイトで開催中の「東京モーターショー2019」では、各商用車メーカーが最新の技術を搭載した車両を続々と発表しました。例えば、いすゞ自動車株式会社は国産初の「ハイブリッド連節バス」を発表。2台分の人員を輸送することができ、必要な燃料は約1.5台分で済ませることができるというもので、最先端の制御技術で運転手の負担を軽減し、普通の大型バスが入っていける道ならどこでも走らせることができるという、環境にも運転手にも優しいバスです。また、日野自動車株式会社はハイブリッドシステム搭載の大型トラックを投入。従来、「高速道路を走ることが多い大型トラックには不向き」といわれていたハイブリッドシステムを導入することでCO2の排出を抑えるとともに、窒素酸化物やその他の有害な物質の排出を大幅に抑制しています。いっぽう、三菱ふそうトラック・バス株式会社は、燃料電池小型トラックコンセプトモデル「Vision F-CELL」を発表しました。燃料電池の力を生かして従来の電気トラックの航続距離の限界を改善することを目指しています。住宅地を走り回る宅配便のトラックがこれに置き換わると、ずいぶん効率よく配達できそうです。

  いずれのメーカーも、基本にあるのは環境技術と意識の高さ。陸上で大量の人や荷物を遠くまで運ぶには、まだまだ多くをディーゼルエンジンに頼らなければならない、という現状を打破していく必要があります。今回の東京モーターショーでは、商用車メーカー各社の企業姿勢、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)、燃料電池自動車(FCV)など最先端技術にシフトしていきながら環境への負荷を軽減することを目指していることを、大きく打ち出した展示内容となっています。

Photo:ecoist

(エコイスト編集部)

おすすめのバックナンバーはこちら
わずか15分で充電完了。速く、美しいEV充電ステーション
インフラ供給で社会貢献を目指す「台湾のテスラ」

2019.11.05