持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

SDGsは地球上の人類の指針

幅広い社会課題から「誰も置き去りにしない」という決意
最近やたらとあちこちでSDGs (エスディージーズ)という言葉を耳にしませんか? これは、国連が世界をリードして2015年に採択した「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に盛り込まれた具体的な目標です。

「SDGs」は「Sustainable Development Goals」の略で、日本語に訳すと「持続可能な開発目標」となります。内容は多岐にわたるのですが、世界を悩ませる貧困や飢餓、エネルギー、平和、そして気候変動など、地球規模の課題を具体的に示したのです。今回は、このSDGsについて見ていきたいと思います。

実は国連では2001年、これに似た「ミレニアム開発目標」(MDGs=Millennium Development Goals)」というものを設定しました。主に途上国の抱える貧困などの課題を解決するためのもので、各国で取り組みがなされ、日本も主にODA(政府開発援助)の形で途上国支援に取り組みました。

しかし、このMDGsでは、途上国の問題を本質的に解決するまでに至らず、課題を積み残していました。また途上国には、先進国主導で進むことへの違和感もありました。このMDGsの教訓を生かして新たに提唱されたのがSDGsというわけです。

前述のアジェンダでは、SDGsに定められた目標から「誰も置き去りにせず」「2030年までに」達成するという強いメッセージが込められています。

SDGsの特徴は、最初の目標設定から途上国を巻き込んで議論したことです。ここにMDGsの教訓を見て取れます。そのため公共工事のような開発支援だけでなく、人権や教育、安全な水とトイレといった幅広い分野の課題が盛り込まれています。つまり、「自分たちのありたい姿」を、「自分ゴトとして捉えた」目標だと言えます。SDGsが目指す目標は、全部で17に及びます(最後にまとめました)。

例えば、第1の目標「貧困をなくそう」では、2030年までに貧困の割合を半分にすることや、1日1.25ドル未満で生活する人と定義されている極度の貧困を撲滅することを目指すなどとしています。一つ一つの目標を、より具体的に定義しているところに本気度が感じられます。

一方第7の目標では、持続可能なエネルギーの提供を目指すとし、再生可能エネルギーの割合の拡大や、クリーンエネルギーの研究開発や利用拡大を目指して国際協力を強化するとして、グローバルな解決策の模索を呼び掛けている点も特徴です。

2019.04.01