--> -->


持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

電動スクーターでお買い物!

電気自動車(以下、EV車)の推進は、地球温暖化防止と大気汚染の両面から世界規模の潮流となっており、「EVシフト」とも表現されメディアでもしばしばニュースになっています。また、テレビでもEV車のCMが流れるなど、EV車が自動車購入時の選択肢の一つとして挙がるようになったのではないでしょうか。

 一方で、車を持っておらず普段の買い物は、原付や自転車または徒歩という方には、EV車は少し縁遠いかもしれませんね。しかし、今はバイクやスクーターも電気で走る時代なのです。EVバイクやEVスクーターがあれば、ちょっとした遠乗りも、いつものお買い物も楽になること間違いなし!

 EV開発カンパニーである株式会社ブレイズは、「BLAZE SMART EV」と「BLAZE EV SCOOTER」を開発・発売しています。「BLAZE SMART EV」の特徴は何と言っても”デザイン”。皆さんが思い描くようなバイクとは全く異なり、直線的でスタイリッシュなデザインに目を惹かれます。また、100%電動バイクなのでガソリンは一切不要で、家庭用のコンセントで簡単に充電することが出来ます。そして、満充電までの時間は約3.5時間で1回あたりの電気代は約10円。満充電では約30kmの走行が可能ですので、普段のお買い物やちょっとしたお出かけでも安心です。もちろん、安全性能もバッチリ。車両の振動を感知すると大きな音で警報を鳴らす防犯アラート、安心した制動力を得る事ができるダブルディスクブレーキ、視認性も高いLEDヘッドライトが搭載されているので安心して運転することが出来ます。

電動スクーターは国土交通省が定める保安部品を取り付ける必要があり、少しずつ公道走行可能な電動スクーターが登場している中、「BLAZE EV SCOOTER」は公道走行可能な電動スクーターとして注目されています。特に、立ち乗りでも、サドルに座っても運転することが出来る点が他のスクーターには無い特長です。このスクーターも「BLAZE SMART EV」同様、家庭用のコンセントで充電可能です。満充電時間まで約3.5時間で1回あたりの電気代は約8円。満充電では約30kmの走行することが出来ます。

「BLAZE SMART EV」と「BLAZE EV SCOOTER」は抜き取り検査ではなく、販売される全ての車体を専門スタッフが1台ずつ、不具合が無いか確認するほど、品質に対するこだわりを持っています。「BLAZE SMART EV」に関しては、塩水試験やハンドル車体二重試験など様々な耐久実験を行われており、安心して乗ることが出来る品質まで高められているとのこと。また、製品使用中の有償修理、メンテナンスについても万全なサポートを実施してくれるので、何かあった時も安心ですね。

今や、地球温暖化や大気汚染は他人事とは言っていられない時代です。何かを購入する場合もエシカルな選択をすることが必要になってきます。もし、移動手段をアップデートしたいなと思ったら、EVバイク・EVスクーターも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

Photo:株式会社ブレイズ

(エコイスト編集部)

おすすめのバックナンバーはこちら
インフラ供給で社会貢献を目指す「台湾のテスラ」
ナイアガラの滝をフル電動船で観光

2020.01.16