持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

ナイキ史上、最も低炭素排出シューズ

2020年に入り、サステナブルなシューズが続々と登場していますね。ecoistでも、アッパーにメリノウールやユーカリの繊維を採用したAllbidsや、靴底から靴ひもまでリサイクル可能な素材で作られたアディダスのランニングシューズなどを取り上げてきました。そして、新たに「Nike」からもサステナブルなシューズが登場しました。

発表されたサステナブルなシューズ「スペースヒッピー(Space Hippie)」は、なんと、ナイキ史上最低の炭素排出スコアで生産されています。スペースヒッピーは、ナイキにとって「宇宙ゴミ」ともいえる工場の床に廃棄されるスクラップを蘇らせることによって作られています。気象変動問題の緊急性に対応する一歩として、循環性を重視した実験的なフットウェア コレクションとなっています。スペース ヒッピー コレクションとして最初に展開する4つのプロダクトは、素材選択、生産方法から包装材にわたって、要素全てが環境に与える負荷を考慮し、厳選されているとのこと。

スペースヒッピーのアッパーを作るエンジニアードニットは、「宇宙ゴミの糸」と呼んでいるものから作られます。この糸は、リサイクルされたプラスティックのボトル、Tシャツや糸くずを含む、100%再生素材が使われています。また、ランニングシューズ「ヴェイパーフライ 4%」の製造工場で出たスクラップからクッショニング部分の「ズーム X フォーム」が作られています。これにより、通常のフォーム素材と比較して二酸化炭素排出量をおよそ半減しているとのこと。そして、ソールは従来のナイキ フォームにナイキのリサイクルプログラム「ナイキグラインド」によって作られるラバーを15%混ぜることで、製造時の二酸化炭素排出量を削減しています。

スペースヒッピーコレクションは、メンズ3型とウィメンズ1型の全4型で、2020年の夏頃に発売予定です。最近はシューズだけでなく、エシカルに調達された素材や製造方法での洋服も登場していますので、洋服からシューズまでエシカルなものになる日も近いかもしれませんね。

Source:https://news.nike.com/news/space-hippie
Photo:NIKE Inc

(エコイスト編集部)

おすすめのバックナンバー
靴底から靴ひもまでリサイクル可能!
自然由来のスニーカーが日本に上陸

2020.04.03