持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

ペットボトルが“あの“ユニフォームに生まれ変わる!

スポーツアパレルのメーカーが、実はこぞって“ユニフォームメーカー”でもあること、知っていますか?意外なことに、例えば医療従事者の着ている白衣にはスポーツブランドのものが多いのです。白衣には動きやすさなどのほか、様々な機能性を両立させることが重要になってくるため、スポーツアパレルのノウハウが活きてくるのだとか。

ユニフォームに動きやすさと機能が求められるのは何も医療の現場だけではありません。佐川急便のあの横縞のユニフォームも、実は日本を代表する総合スポーツメーカーのミズノが供給しているのです。セールスドライバーが着用するユニフォームの、速乾性や動きやすさ、丈夫で汚れにくいなど配送の現場で求められる機能を、ミズノがこれまでスポーツシーンで培ってきたノウハウを活かして実現しています。さらに注目すべきは、その原料となるのがペットボトルをリサイクルした再生ポリエステルであること。半袖で6本、長袖で8本相当の500mlペットボトルを再利用して作られており、2007年から2018年までに213万着、約1000万本のペットボトルを再利用したのだそうです。また、佐川急便の使用済みのユニフォームがどうなるかというと、基本はリユースされ、それも困難な場合は、製鉄用の燃料としてサーマルリサイクル(※1)されているとのことです。

ミズノは佐川急便だけでなく様々な企業に環境に配慮したユニフォームを供給しているほか、スポーツウェアやシューズなどでも環境配慮型商品の開発を進めています。また、佐川急便は配送時のCO2排出削減や車両のリサイクルに取り組んだり、環境負荷の少ない製品を選択する「グリーン購入」を進めたりするなど、両社とも事業が環境にかける負荷を小さくする取り組みを大きく進めています。

ペットボトルは海洋プラスチック汚染の主犯格としてやり玉に挙げられることが多いですが、きちんと洗浄してリサイクルすれば様々な製品の原料として、再利用しやすい素材でもあります。海洋汚染の防止だけではなく資源の有効活用につながる有効な施策として、両社のコラボレーションのような取り組みが業界の垣根を越えて大きく広がることで、社会全体の環境負荷低減につながっていくことが期待できます。

※1 サーマルリサイクル…焼却の際に発生するエネルギーを回収・利用すること。

(エコイスト編集部)

おすすめのバックナンバーはこちら
紙やプラスチックの代わりに石灰石を活用
廃棄素材で染めるコンバーススニーカー

2020.02.11