持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

サステナブルな生活をおしゃれに楽しみましょう!

もうすぐ7月。いよいよレジ袋有料化が始まりますね。それに伴い、マイバックを持って買い物する生活が当たり前になっていきます。せっかく環境にやさしいことをやるなら、マイバックだけでなく、暮らしもサステナブルにしてみませんか?暮らしをサステナブルにするということは、日常で使うアイテムを”環境にもやさしいアイテムを選ぶ”ということです。これまで環境にやさしいアイテムは、近所のスーパーなどでは手に入れることが難しかったのですが、多くのエリアに出店しているイオンから、環境に配慮した商品ラインナップがさらに拡充されました。

イオンによると、全国の「イオン」「イオンスタイル」等、約1,500店舗にて、トップバリュ環境配慮型商品18品目を順次発売していくと発表がありました。発売される商品は、どれも日常的に使用するアイテムとなっています。

キッチンアイテムは毎日使う消耗品が多いですが、毎日使うといえば、やはりキッチンペーパーではないでしょうか。トップバリュ環境配慮型商品では、竹パルプが配合されたキッチンペーパーが発売されています無漂白の竹パルプを約40%、木材を約60%配合し、素材の風合いや色を楽しめるとのこと。また、リビングにあるティッシュペーパーも毎日使うアイテムですよね。こちらも、トップバリュ環境配慮型商品のラインアップに入っています。種類は、キッチンペーパーと同じように竹パルプが配合されているタイプ・外箱を除いたタイプ・取り出し口のフィルムをなくしたタイプの3タイプなどがあり、好みや生活スタイルにあったものを選ぶことが可能です。

イオンは、これらトップバリュ環境配慮型商品以外にも、1991年から買物袋持参運動を始めるなど、地球環境に対して積極的な取り組みを実施しています。豊かなくらしと地球環境保全の両立をするため、「イオン サステナビリティ基本方針」のもと、脱炭素社会の実現・生物多様性の保全・資源循環の促進の3つを環境面における重点課題に設定しています。取組みの推進にあたっては、定期的な見直しを行い、環境パフォーマンスを向上させるよう継続的に改善を進めているとのこと。

毎日使うアイテムだからこそ、環境の視点でモノを選ぶことが大きな変化につながってきます。サステナブルな生活を難しくとらえる必要はなく、環境にやさしいアイテムを使うことも、立派なサステナブルな生活です。環境の視点を持った心がけを実行し、習慣にすることから始めましょう。

Photo:イオン

(エコイスト編集部)

おすすめのバックナンバーはこちら
書店も脱プラ準備始めます
ファミレスでも環境対策します!

2020.06.25