持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

リサイクルされたアルミ・コーヒー・カプセルから生まれた自転車

 ネスプレッソはスウェーデンのライフスタイル・バイク・ブランド、ヴェロソフィと提携。リサイクルされたアルミ・コーヒー・カプセルから作られた、スタイリッシュな自転車「RE:CYCLE」を発表しました。

 アルミニウムは、再溶解と再利用が何度でも可能な世界で最も貴重な資源の一つ。ネスプレッソのアルミカプセルをリサイクルした、この限定版の自転車は、ネスプレッソで人気のアルペジオ・コーヒーをイメージした鮮やかな紫色のフレームと、カプセル型のベルを擁して登場。カップホルダー付きのバスケットが、お気に入りのドリンクを外出先でも楽しむ機会を与えてくれます。

 ネスプレッソのCEOであるジャンマルク・デュボワザン氏曰く「これはまさに持続可能性と美しいスタイルの完璧なバランス。この自転車がコーヒー愛好家たちにカプセルのリサイクルを促すことを願っています」。

 一方、ヴェロソフィのCEOで創設者のジミー・エストルム氏は、「私たちは世界に肯定的な影響を与えるという明確な目的を持って会社を創りました。これは、自転車1台を販売するか貸し出すたびに、ガーナの女子学生たちに自転車を1台プレゼントするという約束や、今回のリサイクルアルミを使ったシティバイクの製造など、ヴェロソフィのあらゆる活動の原動力となっています」とその想いを語りました。

 現在、ヴェロソフィのサイト(https://velosophy.cc/product/recycle/)にて「RE:CYCLE」1,000台を販売中。価格は€1,290+送料です。

(エコイスト編集部)

2019.09.11