持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

ロボットによるバレーサービス!?

交通環境の話題になると、一般道路での自動運転機能のことが多く取り上げられますが、駐車場にも大きな変化が訪れそうな気配です。

2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港にて、ロボットが駐車代行のバレーサービスを行うという試験運用が決まりました。フランスのStanley Robotics社が 開発したロボット「Stan」は、空港の入り口近くに停められた車の下にフォークリフトのようなアームを入れて特定の駐車場まで運ぶという仕組みです。自動で駐車できる機能がすでに多くの車に搭載されているにもかかわらず、なぜ駐車用のロボットを使うの? と疑問に思う方もいるかもしれません。

実はこのサービスの目的は、スペースの有効活用にあります。人が乗り降りする必要がないので車同士をギリギリまで寄せることができ、 同空港では170台分の駐車スペースに270台も収容できるようになるのだそうです。さらには駐車場内で車のエンジンをかけずに済むので排ガス対策にもなります。

このサービスは過去にフランスの一部の空港でも運用されていました。
そして今回は英国で実施となると世界のさまざまな駐車場でも採用が始まるかもしれませんね。メリットがたくさんの駐車の自動化、本格導入が期待されます。

(エコイスト編集部)

2019.04.15