持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

充電の必要なし⁉️のワイヤレス・ヘッドホン登場

スマートフォンのイヤフォンジャックが無くなった日を覚えてますか? それは、2016年のiPhone7の発売を皮切りに始まりました。イヤフォンジャック自体をなくすことのメリット。それは、部品の削減により、軽量化、薄型化はもちろんのこと、スペースが空いた分、バッテリーを大きくできるであるとか、防水性を高めることができるといった様々なメリットを生み出しました。そして、何よりも音質の向上に繋がったのです。なぜならば、イヤフォンジャックはアナログ出力であったので、情報量の多いデジタル信号に変わることのメリットは当然ながら大きかったのです。

しかしながら、有線イヤフォンから無線イヤフォンがシェアをどんどん伸ばしている一方で、ユーザーとしての悩みも出てきていました。それは、イヤフォン自体のバッテリーの充電量に対する心配でした。突然のバッテリー切れは悲しいですからね。

そういった悩みから解放してくれる無線イヤフォンが、米国ハーマン・インターナショナル社より発売されました。「JBL Reflect Eternal」というネーミングのこの商品は世界初の太陽光発電パネルを搭載したヘッドホンで、充電不要というのが最大のポイントなのです。このソーラー充電機能を使用して屋外で1.5時間を過ごすとヘッドホンの使用時間が68時間に延長され、1日2時間では168時間になるとのこと。 そして、2.5時間の場合は、毎日無制限に使用が可能なのだそうです。ハーマン社の発表では、薄暗い人口光の下でも充電が可能ということなので、オフィスでもヘッドホンを使用していたら、充電されているということです。

 そんな画期的なことを可能にしているのが、スウェーデンのベンチャー企業Exeger社開発の太陽光発電パネル素材「Powerfoyleテクノロジー」です。このパネル素材には、植物の光合成と似た原理で、光を吸収する色素を使った「色素増感型太陽電池」と呼ばれる最新のテクノロジーが使用されています。また、形状自体がフレキシブルに加工することが可能な薄さと軽さに優れていて、様々な色彩にプリントできることなども特徴です。もちろん、USB経由での充電も可能で、わずか15分の充電で最大2時間の再生できるそうです。

一般発売は未定ですが、1月14日まではクラウドファンディングのINDIEGOGOで申し込みを受け付けています。ただし、米国とドイツのみの配送というのが残念な事実です。

Source: https://reflect.jbl.com/
Photo:ハーマン・インターナショナル社

(エコイスト編集部)

おすすめのバックナンバーはこちら
ソーラーカーでオーストラリアを縦断できるか…
サステナブルなウォーターポンプ

2020.01.03