持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

靴底から靴ひもまでリサイクル可能!

再生ポリエステルの原料は何かご存知ですか? 答えはリサイクルできる素材として身近な存在のペットボトル。およそ10本で上下一着分の作業着に必要な線維を得られるそうです。リサイクル技術の進歩で、石油から作るのと同等の再生ポリエステル繊維を作ることができるようになりました。

スポーツブランドであるアディダスは、今年、製品に使うポリエステルのうち、50パーセント以上をプラスチック廃棄物由来の再生ポリエステルにすること。そして、4年後の2024年には、ポリエステルは再生ポリエステル以外使用しないと発表しました。アディダスといえば、世代や性別を越えて世界的に支持されているブランド。そんなブランドがリサイクル素材の積極的な使用を打ち出したことで、環境保全の考え方が今以上に浸透することが期待できそうです。

実はアディダスはこれ以外にも持続可能性を高める事業に取り組んでいます。その一つが、ランニングシューズFuturecraft Loop。この靴は、なんと靴底から靴ひもまでリサイクル可能な単一の素材で作られています。つまり、シューズを履き潰したら丸ごとリサイクルし、再度同じ製品を作ることができるという夢のような製品なのです。

2020.03.06