持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

最新の植林方法はドローンで!?

今やドローンは個人でも購入でき、手軽に空撮を楽しめる時代となりました。しかし、空撮以外にも、ドローンが活躍するシーンはたくさんあります。例えば、広大な広さを持つ太陽光発電所の点検作業や、人間が簡単には入れないような場所に住む動物の生態調査など。このように、ドローンの活躍シーンは広まっているなか、遂にドローンで木を植えることが始まりました。

2019年に立ち上げたカナダのスタートアップ企業Flash Forest社は、ドローンに空気圧式発射装置を搭載させ、種子を空から土壌に発射させ植林を行っています。Flash Forest社がドローンを使って植林を行っている理由は、気候変動問題を解決するため。気候変動に関する政府間パネル(略称IPCC)によると、地球温暖化を1.5℃に制限するためには、10億ヘクタールの木(米国全体とほぼ同じサイズの森林)を植える必要があります。しかし、排出されるCO2の量は年々増加しており、地球が自然に吸収する能力を超えてしまっています。現状、CO2を取り除く方法のうち、最も早く、且つ、安い方法が樹木を植える方法であるため、Flash Forest社はドローンを使って植林を進めているのです。Flash Forest社のテクノロジーでは、1日あたり1万〜2万の種子を植えることが可能で、さらに技術が進歩すれば、1組のパイロットが1日に10万の種子を植えることができるようです。

2020.06.08