持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

ロールス・ロイスが脱炭素において、先導的な役割を果たすと発表

新型コロナウイルス感染防止のため、世界の様々な都市で都市封鎖や活動自粛が行われ、経済に大打撃を与えています。一方で、大気汚染などの地球環境が改善したという予想外のニュースが世界中から飛び込んできました。しかし、都市封鎖や活動自粛が地球環境に好影響を与える反面、経済的なこのような状況が継続することは望ましくありません。特に、航空業界はコロナの影響で大打撃を受けていますが、飛行機の環境負荷低減は依然として求められています。このような厳しい状況でありながらも、ロールス・ロイスは、2030年までに事業活動において二酸化炭素排出量をゼロとすることと、新製品や新技術を通じて、2050年までに事業を展開する業界がネットゼロを達成できるよう、先導的な役割を果たすと発表しました。

発表された声明は以下の通りです。
・このプロジェクトは、地球温暖化を摂氏1.5度以下に抑えるというパリ協定の目標に沿って実施される。
・航空、海運、鉄道、発電など経済の重要な部分が、2050年まで炭素ゼロを達成できるようにするために、技術力を活用して主導的役割を果たす。
・会社や業界が定めた炭素削減目標や目標に対する進捗を継続し、加速させるように努める。
・研究開発(R&D)への投資を継続し、これまで以上に効率的な製品や気候問題に対する解決策を追求する。
・今年中に明確なロードマップを公表し、2050年までにネットゼロになるための道筋を示す。

2020.07.20