持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

カリフォルニア州はトラックをゼロ・エミッション化

アメリカは、パリ協定からの脱退や石炭・天然ガスの採掘規制の緩和などにより、環境規制がロールバックしているとも言われています。しかし、カリフォルニア州は、独自に環境保護のための政策を推進しています。例えば、2040年までにカリフォルニア州の公共バスをEVバスにする目標を発表するなど、積極的に環境問題に取り組んでいます。米国内でもパイオニアとも言えるカリフォルニア州は、新たに、ゼロ・エミッション(走行中にCO2を排出しない)トラックへの移行を進める規制「Advanced Clean Truck Regulation」を発表しました。

米国カリフォルニア州大気資源委員会(CARB=California Air Resources Board)は、2020年6月25日に世界で初めて、トラックのメーカーにゼロエミッション規制の適用を行う決定を行いました。トラックのメーカーには、2024年から2035年までの間に、ゼロ・エミッショントラックの販売割合を増加させることを求めました。具体的には、2035年までに、車両クラス2b〜3の軽・中型車で55%、クラス4〜8の大型車で75%、トラクターは40%を走行中にCO2排出しない車両にすることが求められています。

現在、カリフォルニアで登録されている車両は合わせて約3000万台あり、そのうちの2000万台がトラックとのこと。光化学スモッグの70%がトラック由来で大気汚染の大きな要因となっているため、Advanced Clean Truck Regulationでの改善が期待されます。

2020.08.07