持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

Appleも20年前倒しでカーボンニュートラルを目指す

日本国内のスマートフォンシェアはiPhoneトップシェアで、56.65%ものシェアを占めています(*1)。また、新作のiPhoneが発表されると長蛇の行列ができるのが恒例となるほど、Apple社からの発表に対して日本中が注目します。新作のiPhone情報も気になるところですが、Apple社のサステナビリティ情報も気にしてみてはいかがでしょうか?

Apple社は2020年7月、事業全体・製造サプライチェーン・製品ライフサイクルにおける温室効果ガスの排出量を2030年までに実質ゼロにする、カーボンニュートラルを目指す目標を発表しました。既に、企業運営においてはカーボンニュートラルを達成済みですが、今回の新たな目標では、販売される全てのAppleデバイスについても、2030年までに100%カーボンニュートラルになることを目指すとのこと。これは、IPCC(*2)の掲げる2050年目標よりも20年前倒しでの目標達成を掲げたことになります。

Apple社は今後、2030年までに現在の温室効果ガスの排出量を75%削減し、残り25%は技術革新によって削減する計画です。10年間の「アップル・クライメイト・ロードマップ」によると、「低炭素の製品デザイン」「エネルギー効率の拡大」「再生可能エネルギー」「工程と材料のイノベーション」「二酸化炭素の除去」の5つを柱に計画を進めていくとのこと。

2020.08.13