持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

葉っぱで作られたピザボックス

新型コロナウイルス感染防止のため、外食を控え、テイクアウトや宅配を利用する人が増えたことで、食の形態が変化した半年でした。中でも、宅配ピザは、自宅で気軽にパーティー気分を味わうことができ、自粛期間中に注文したことがある人は多いのではないでしょうか。ピザの箱の捨て方は、自治体によって違いがあるようですが、油がギトギトしていて面倒くさいですよね。使い捨てという点も気になるところです。

世界でも再利用できないピザの箱が一般的ですが、フィリピンのラグナ州にある「BrickOvenCafé」では、パンダンの葉を手織りした再利用可能な箱でピザを提供しています。聴き馴染みのないパンダンの葉(pandan leaves)ですが、東南アジアでは、ケーキや菓子類などの着色に使ったり、味付けした鶏肉を包んで揚げたり、一般的に使われている植物です。日本では、パンダンの葉を編んで作った収納ボックスで知っているという方もいらっしゃるのでは。

パンダンの葉で作られたピザの箱の再利用方法は2つ。自宅で収納ボックスとして使用するか、再度ピザを注文する時に再利用するかです。しかも、再利用時に対象ピザを注文すると、割引してくれるという嬉しいサービスもついています。また、パンダンの葉で作られたピザの箱の種類は、丸型と四角があり、サイズも10インチから30インチまで幅広いサイズを取り揃えています。そして、ピザ以外の料理もテイクアウトや宅配であれば、パンダンの葉の箱で受け取ることができるとのこと。さらに、パンダンの葉のピザ箱は再利用できるだけでなく、新型コロナウイルスによって引き起こされた景気低迷の中で、地元の織物業界に新たな収入源をもたらしている点も称賛すべきポイントです。

2020.09.15