持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

ゼロエミッションの水上フェリー

ノルウェーの真ん中に位置している第3の都市トロンハイムは、カラフルな中世の倉庫群や大聖堂など、ノルウェーの魅力が詰まった街です。そんなトロンハイムの河川では、2021年からゼロエミッションの電気フェリーを使った公共交通機関が始まります。

ゼロエミッションの電気フェリーは、港と市内中心を隔てる河川で公共サービスとして、無料で運用される予定です。岸にいる乗客は、ボタンを押してエレベーターのようにフェリーを自分のいる岸側に呼ぶことができます。フェリーは最大12人の乗客と自転車を乗せることが可能で、徒歩15分かかるところを1分で移動することができるようになります。この電気フェリーは、河川にかかる橋の代替案として、2018年にノルウェー科学技術大学の研究者によって開発されました。開発したプロトタイプが成功したため、研究を商業化し、2019年にZeabuz社が設立されました。

2020.11.24