持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

廃棄物を活用したユニークなキャンプ場

グランピングとは、優雅なといった意味の”glamorous”と”camping”を合わせた造語で、贅沢にアウトドアを楽しむ新しいリゾートスタイルのことです。キャンプのように道具を全て持参する必要がなく、テントやコテージ、トレーラーハウスなど宿のタイプもさまざまで、世界的に人気のアウトドア施設です。多種多様なグランピング施設がありますが、なかでも、オランダ・ロッテルダムのキャンプ場「カルチャー・キャンプサイト」は、世界一ユニークなグランピング施設と言っても過言ではないかもしれません。

廃棄された家畜用穀物サイロで作られた人気のシェルター「リトル・ピー」

カルチャー・キャンプサイトには、キャンプ場なのにテントは一つもなく、代わりに、リユース&リサイクルの発想で廃棄物を活用した近未来的なシェルター(宿泊施設)が11個、立ち並んでいます。近未来的なシェルターは、家畜用の穀物が入っていたサイロ*や配送用バン、ゴミ箱などから作られており、どれもキャンプ場とは思えないシェルターばかりです。カルチャー・キャンプサイトは元々、駐車場だった場所に作られていますが、植物や花といった緑が生い茂っており、雰囲気的には都会の中にある小さなオアシスのようです。

2020.12.17