持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

最もパワフルな、フェラーリ初のプラグインハイブリッド・スーパーカー誕生

フェラーリ初のプラグインハイブリッド・スポーツカーとなる「SF90ストラダーレ」は、史上最もパワフルなフェラーリ(ハイブリッドカーは2013年に「ラ・フェエラーリ」、2016年にそのコンバーチブルモデルを発表)。3.9ℓのV8エンジンと3基の電気モーターで最大986馬力を実現。スタートから100㎞/hまでわずか2.5秒、最高速度は340㎞/hです。

2基のモーターが車の前輪を駆動、3基目はシートの後ろに置かれたガソリンエンジンに直結。ケーブルを介してコンセントから充電が可能です。通常は、ガソリンエンジンと電気モーターを併用するハイブリッド走行で、電気モーターのみのフル電気モードでは最長15マイルの距離を時速84マイルほどで走ります。

フェラーリによると「SF90」は、エンジンスイッチをはじめワイパーやヘッドライトのコントロールまで、ステアリング上に配されたタッチセンサーで対応。ドライバーがステアリングからほとんど手を離さずに多様な操作ができるように設計されているそう。さらにフロントガラスにはヘッドアップディスプレイが装備されるなど、すべてのデジタルディスプレイが運転手の正面に集められ、必要な情報が表示されます。

「SF90」はブランドの通常のラインナップの一部をなす、フェラーリの新しい最高級の“量産車”。価格は未定ながら、先行した非常に高価な2つのハイブリッドモデルよりも低めに抑えられるでしょう。第1弾の納車は来年の初めになる予定です。

Source:https://www.ferrari.com/en-EN/auto/sf90-stradale
Photo:ferrari

(エコイスト編集部)

2019.07.20