持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

捨てられる綿ゴミをバイオプラスチックに

オーストラリアを代表する材料研究機関の1つ、ディーキン大学のフロンティア材料研究所(IFM)チームが、製造過程で大量に生じる綿ゴミを有用なバイオプラスチックに変える方法を開発しました。

 同大学によると、世界では毎年約2,900万トンの綿繊維(リント)が栽培・生産され、その約3分の1がゴミとして、最終的に埋立てや焼却処分されているそう。研究者らはこれらの綿ゴミ、すなわち綿繊維を分離する工程で残った種、茎、短繊維、その他の副産物を回収して有機ポリマーを生成。バイオプラスチックフィルムを作ることに成功しました。得られた素材はベール包装、肥料、綿の種の包装など多様な用途を有しています。

 研究を率いたマリアム・ナビー博士によると「バイオプラスチックは、合成プラスチックと比べても安価で大量生産でき、有毒な化学物質を含みません。生分解されて土壌になり、その土がまた綿栽培に使われるなど再利用できるのです。また綿ゴミを商品価値のあるものに変えることは、綿花生産者にとって新たな収入源にもなります」とのこと。

 チームは現在、レモングラスや麻、アーモンドの殻、麦わら、木の粉や削りくずなど、他の有機性廃棄物や繊維状の植物材料を使って同様の研究を続けています。ナビー博士曰く「IFMの使命は、科学の境界を超え、革新的な自然素材で原材料を再設計すること。そして世界中の生活水準の向上のために循環経済を実現することなのです」

(エコイスト編集部)

2019.08.09