持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

規格外の野菜や果物を有効活用する取り組み

食品廃棄物の有効活用について、最近ではフードバンクの活用や飼料への転用、堆肥化などさまざまな対策が進められています。しかし、それ以前に出荷できない大量の野菜や果物が畑で生まれて処理されている問題があるのをご存じでしょうか。B級品や規格外として時折安く売られているのを見かけたり、購入したことのある方も多いかと思います。食品としての品質は全く問題がなく、形がゆがんでいたりサイズが合わなかったりするだけで、市場に流通させることができない野菜や果物の処理が、実は、農家の方を悩ませる大問題なのです。

そのようなB級品・規格外品の野菜や果物を積極的に受け入れて商品化している企業、株式会社サンシャインジュースをご紹介します。サンシャインジュースでは、旬の無農薬・減農薬の野菜や果物を原料としたコールドプレスジュースを中心に販売しています。朝のうちに店頭で原料をプレスして絞ったジュースを、その日のうちに売り切るスタイルで、毎日大量の野菜や果物を仕入れる必要があります。代表取締役社長の剛嘉徳さんが、自身の求めるジュースの原料に相応しい野菜や果物を求めて全国の農家を回っているときに気づいたのが、出荷できないでほとんどが捨てられてしまう規格外の野菜や果物の多さでした。

「ジュースにしてしまうのであれば、見た目や形は関係ない。」と積極的に農家の皆さんに声をかけたところ、「これまで価値を生まなかったものが商品化されて少しでも収入にできるのであれば。」と剛さんの取り組みに賛同する声が広がり、今では全国の農家から四季折々の新鮮な素材が形の良しあしを問わず出荷されるようになりました。中には、「いい果物ができたが、市場に出すにはあまりに小ロットなので何とかしてほしい」という農家の要望を受け、急遽、限定商品のジュースのレシピを開発して短期間でその果物を売り切ったという事もあるのだとか。農家の皆さんと築き上げてきた信頼関係が、より良い商品を無駄なく展開できる大きな原動力になっているのですね。

また、サンシャインジュースでは、ジュースの搾りかすをスープやカレーなど食品原料として再利用しているほか、それでも余った搾りかすをコンポストで土に還す取り組みも行っており、素材をとことん使いつくして無駄にしない姿勢が徹底されています。このような無駄をなくす取り組みが、食品流通の川上から川下までもっと多くの企業にビジネスとして広がることで、農村の活性化やごみの減量など幅広い問題が解決することが期待できます。

Photo:株式会社サンシャインジュース

(エコイスト編集部)

おすすめのバックナンバーはこちら
余ったパンをアップサイクル
ステッカーが、フルーツの寿命を倍増させる⁉︎

2020.01.23