持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

緑茶ティーバッグに植物由来の生分解性フィルターを採用

緑茶というと、急須でいれることがスタンダードな時代が長かったですが、最近はティーバッグでも手軽に飲むことができ、便利になりましたね。ただ、ティーバッグの中には、ポリプロピレン・ナイロンといったプラスチック素材から作られている製品もあり、それらにお湯を注ぐと、マイクロプラスチックとナノプラスチック(マイクロプラスチックより千倍小さい粒子)が放出されることも、研究により明らかになっています。マイクロプラスチックとナノプラスチックによる環境や人体への影響は、現在も研究中ですが、魚類を使った実験では行動力が落ちたという結果もあり、懸念されています。

そうなると、ティーバッグ製のお茶はダメなの?と心配になるかもしれませんが、紙や麻で作られた製品を選ぶことで避けることが出来ます。そして新たに、紙や麻以外にも安心して飲むことができる「植物由来の生分解性フィルター」を採用したティーバッグが登場しました。そのフィルターは、「お~いお茶 緑茶」ティーバッグに採用され、2020年4月13日から販売を開始しています。ちなみに、植物由来の生分解性フィルターを使用したティーバッグは、マチ付きシングルチャンバーティーバッグとして日本初とのこと。

植物由来の生分解性フィルターは、微生物の力で水と二酸化炭素にまで分解することができる、ポリ乳酸から作られており、グリーンプラ認証(※1)も取得しています。そして、ティーバッグの構造を見直すことで、従来のフィルター使用量を約50%削減することに成功しています。また、ティーバッグの個包装に紙素材を使用することで、プラスチックの年間使用量を約15トンの削減が可能になるそうです。さらに、パッケージの外箱にはFSC認証紙(※2)を使用することで、環境性をさらに高めているとのこと。

環境に配慮しただけでなく、美味しさにも磨きをかけるため、抽出性の高い国産茶葉を使用し、お茶の味と香りがしっかりと楽しめる設計に見直されています。マグカップはもちろん、近年所有率が上昇しているマイボトルでも風味豊かなお茶が楽しめるということですね。

伊藤園は、「お~いお茶」のティーバッグだけでなく、ペットボトル製品も『100%リサイクルペットボトル』に順次切り替えを進めていて、2021年をめどに「お~いお茶」ティーバッグシリーズのその他製品にも、生分解性フィルターを採用した製品開発を進めていくことも発表しています。これからも、環境問題の解決と伊藤園グループの成長を両立させる「共有価値の創造(CSV)」の具現化に期待します。

※1
グリーンプラ認証:微生物の力で水と二酸化炭素まで分解される生分解性素材を使用し、環境負荷を低減した商品に認められる認証。
※2
FSC認証紙:適切に管理された森林からの木材を使用した用紙。

Photo:株式会社伊藤園

(エコイスト編集部)

おすすめのバックナンバーはこちら
続々とパッケージがプラから紙へ切り替え
プラスチックゴミから生まれるアート

2020.04.16