持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

サステナブル素材で作られたソーラーウォッチ

時代を超えて愛されるアメリカンクラシックなデザインをベースに、​ 遊び心あふれ​るアイテムを作り続けるFOSSIL(フォッシル)。そのFOSSILから、地球にやさしいサステナブルな素材と機能を兼ね備えた「ソーラー時計」が、FOSSIL公式オンラインストアとFOSSIL ZOZOTOWNにて5月11日より発売開始となりました。

このソーラー時計の特長は3つ。第1点は太陽光発電のシステム。時計の外側のリングがソーラーパネルとなり光を取り込み、文字盤の下にある太陽電池により電気エネルギーに変換されるというものです。この電気エネルギーが二次電池に蓄えられ、時計の動力として使用されるとのこと。フル充電で約4ヵ月間は稼働するそうなので、気付いたら時計が止まっている…!なんてことも防ぐことができそうですね。

第2点は、カラフルなストラップ。約16本のペットボトルから作られているという5色のストラップは、気分やコーディネートに合わせて簡単に交換することができます。また、ケースの一部には環境にやさしいヒマシ油から作られたバイオベースのプラスチックケースを使用するなど、商品以外の環境負荷も考えられています。36mmと42mmのケースサイズで展開しているので、ペアでも楽しめそうです。

第3点は、このソーラー時計を購入することにより、植樹活動をサポートすることができるということです。地球温暖化対策として、各種企業と植樹活動を推進しているEcoMatcher社との提携により、木を植える活動を支援しているそうです。

このソーラー時計の取り組み以外にもFOSSIL社は、持続可能社会に向けた戦略や目標を立てています。具体的な方針として、2025年までに製造するすべての製品に最低1種類の再生可能な材料を使用することや、購入時に提供するパッケージをリサイクルまたは再生可能なものに変更する目標を掲げています。この他にも、世界中の女性と女の子のためのメンターシッププログラムを支援したり、従業員の安全・尊重・公正な扱いに関する業界標準を引き上げたりするなど、環境保全以外にも積極的に取り組んでいます。

最近は、スマートフォンで時間を確認するという方も増えているかと思いますが、やはりコーディネートのアクセントとして、時計は欠かせないアイテム。これから訪れる夏はシンプルなファッションになりがちですので、カラフルなストラップで華やかさをプラスしてみてはいかがでしょうか。

Photo:フォッシルジャパン

(エコイスト編集部)

おすすめのバックナンバーはこちら
ペットボトルが“あの“ユニフォームに生まれ変わる!
プラスチックゴミから生まれるアート

2020.05.28