持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

海藻を発酵して作る!?化粧品が登場

縄文時代から4000年続く発酵先進国、日本。そして大和朝廷の時代から貴重な食糧である海藻。古来より日本の食文化の礎を築いた発酵と海藻、この2つを組み合わせ、世界で初めて、「乳酸菌による海藻発酵」の事業化を福岡県のバイオベンチャーSWF株式会社が可能にしました。

株式会社九州TSUTAYAとSWF株式会社の発表によると、「乳酸菌による海藻発酵」技術を使い開発した化粧品『STATE OF THE ART』を共同で販売するとのこと。STATE OF THE ARTは、「『海藻・乳酸菌・発酵』自然の力で人を守り社会や自然環境に配慮し、生態系を守る」ことをテーマとしたサステナブルでストレスフリーな化粧品となっています。商品は、極微細泡石けん・導入美容液・クリーム美容液というラインナップになっています。

STATE OF THE ARTのサステナブルな点は2つあります。1つ目は、自然環境の変化等で生まれる色落ちした養殖海苔の廃棄処理など、問題視される未利用資源を使用している点です。使われていない海藻を発酵することにより有効な美肌成分へと転換させ、地域課題の解決や海の生態系の維持に寄与しています。2つ目は、年齢や性別、季節を問わないという独自の処方を開発している点です。商品点数を絞り、過剰に物を作らないことで環境負荷を減らしているのです。

このようにSTATE OF THE ARTは、資源の有効活用や環境負荷を考え作られていますが、導入美容液とクリーム美容液の容器には、肌負担を減らす保存料添加ゼロの実現と、物流における環境負荷など様々な条件を考慮した上で、プラスチック容器が使われています。しかし、プラスチック容器を作って終わりではなく、空き容器を六本松 蔦屋書店(福岡県福岡市中央区)で数ヶ月毎に回収を行うなど、SDGs12個目の目標「作る責任 使う責任」にも、きちんと配慮しています。

2012年にFAO(国際連合食糧農業機関)は、2050年までに60%の食料を増やす必要があると発表し、近い未来における食糧危機が懸念される点から、世界的にはほぼ未利用であった海藻が食資源として注目されています。この食料問題に対してSWF株式会社は、『社会問題改善の一助へとつなげ、さらなる海藻の可能性を発見・追求したい』と考えているそうです。海藻の持つ力を引き出し、食糧問題改善につながって欲しいですね。

ちなみに、STATE OF THE ART商品は、公式サイトや六本松 蔦屋書店(福岡県福岡市中央区)で購入することが可能です。

▶︎『STATE OF THE ART』公式サイト
https://state-lumera.com/

▶︎六本松 蔦屋書店
営業時間:詳細は公式WEBサイト参照
所在地 :福岡県福岡市中央区六本松4-2-1
電話番号:092-731-7760
HP    :https://store.tsite.jp/ropponmatsu/

Photo:SWF株式会社

2020.06.30