持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

廃棄予定ビールがジンに変身!

新型コロナウイルスによる外出自粛によって、外食産業を含め、アルコール業界も大きな打撃を受けていますが、こういった時だからこそではないですが、発想次第で斬新なアイディアが生まれてくるようです。新型コロナウイルスの影響で約8万杯分(※1)ものバドワイザービールが廃棄される予定でしたが、なんと、蒸留によって特製ジンへと蘇ったそうです。

廃棄予定ビールを特製ジンへと蘇らせる取り組みは、廃棄予定の酒粕をジンに変える取り組みを行ってきたエシカル・スピリッツ株式会社(以下エシカル・スピリッツ)が、ビールを蒸留しジンに変える技術を、老舗日本酒メーカー月桂冠へ提供。そして、バドワイザーブランドをグローバルで展開するアンハイザー・ブッシュ・インベブ ジャパン会社が、廃棄予定ビールを提供することで実現されました。

廃棄予定ビールから製造された特製ジン「REVIVE」は、バドワイザーの製法や背景をリスペクトしつつ、革新的な香りと味わいのジンに仕上げることを目指し、開発されています。「REVIVE」は、コンパウンドジン(※2)としての軽やかさで、品のある、甘みのある味わいに仕上がり、ソルティーやスパイシー、味の濃いフードともマッチングする点が特徴だそうです。

エシカル・スピリッツは発表で、『REVIVEを通して、「エシカルだから、もっと美味しい」ということを実現できたことにも意義を感じている。』と述べています。日本ではまだ、エシカル、サステイナビリティと食を結びつけると「環境や地球には優しいけど、そうでないものと比較して味はやや劣るのではないか」と言われることがありますが。しかし、今回誕生した「REVIVE」は、普通では生まれないフレーバー、より骨太なジンが出来上がったとのこと。

エシカル・スピリッツは、「循環経済を実現する蒸留プラットフォーム」をモットーに、新時代のジンやウィスキーを生産する蒸留ベンチャー。廃棄予定ビールからジンを製造するプロジェクトの前から、日本酒の生産工程の最後に生成される酒粕を再蒸留したクラフトジンの生産と販売を行っていました。その利益から酒米を酒粕提供元の蔵元に提供し、再度そこから日本酒を生産するという世界初の循環型「エシカル・ジン・プロジェクト」を実施してきました。その第一弾エシカル・ジンの「LAST」は、テーマを「飲む香水」とし、至高のアロマを実現したフレーバード・ジンを発売するなど、これからさらに、注目が集まる企業となりそうです。

何かを製造する時には、捨てられる・無駄にされている資源が数多くありますが、捨てることなく別の価値へと生まれ変わることは可能であると、廃棄予定ビールから製造された特製ジン「REVIVE」によって証明されました。全てのものを新たな価値へと生まれ変わらせることは難しいかもしれませんが、循環型社会を実現するには必要不可欠です。エシカル・スピリッツのような、捨てられるものを新たな価値に作り変えるアイディアと技術を持った企業が、続々と登場することを期待します。ちなみに、廃棄予定ビールから製造された特製ジン「REVIVE」は公式オンラインショップサイトにて発売中です。

▶︎エシカル・スピリッツ公式オンラインショップサイト
https://shop.ethicalspirits.jp/

※1
1杯あたり350ml想定

※2
コンパウンドジン:ボタニカルを加えて再蒸溜することなく、グレーンスピリッツにハーブやフレーバー・エッセンス、糖分などを加えただけのジン

Photo: エシカル・スピリッツ株式会社

(エコイスト編集部)

2020.09.25