持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

エシカルなスニーカーがスタンダードに・・・

スポーツブランドであるアディダスは、靴底から靴ひもまで単一の素材で作られ、丸ごとリサイクル可能なランニングシューズ「FUTURECRAFT.LOOP」や、動物性成分不使用で、アディダス オリジナルスからは、リサイクル素材を使用した「CLEAN CLASSICS」など、地球に配慮したスニーカーの開発を続々と積極的に行っています。そんなアディダス傘下にあるリーボックからも、環境に配慮し、植物由来素材を原料とした高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW(フォーエバー フロートライド グロウ)」が2020年10月1日に発売されました。

今回発表された「FOREVER FLOATRIDE GROW」は、リーボックが2024年までにすべての原材料からバージンポリエステルを完全に排除することを目標に掲げ、環境問題に配慮した持続生産可能な商品開発を目指す取り組みの一環で開発されています。また、環境問題に配慮し、天然素材を使用しながらも、市販用として最もサスティナブルな高機能性ランニングシューズを作ることを目指して開発された一足となっています。さらに、今後、「FOREVER FLOATRIDE GROW」にとどまらず、そのほかのリーボックを代表するモデルにも植物由来の素材を使用したエディションが登場するとのこと。

さて、気になるシューズの素材は以下の通りです。天然素材を使用しながらも、機能面では市販の最高レベルのランニングシューズに匹敵するパフォーマンス性を実現しているそうです。

●アウトソール
柔軟性、耐久性ならびに反発力に富んだ天然ゴムを採用。一般的な高機能性フットウェアに採用されている石油ベースのゴムではなく、自然のゴムの木からサスティナブルに調達されています。

●ミッドソール
積水化成品工業株式会社により開発された、高いクッション性と反発性をもたらす、植物由来の「エラスティルBIO」という素材を採用。この素材は、持続可能な方法で栽培された唐胡麻(キャスタービーン、ひまし)から製造されており、従来の軽量クッション性を担保しています。

●アッパー
サスティナブルに調達されたユーカリ由来の素材を採用することで、高い通気性を実現しています。使用後は自然に生分解されます。

●ソックライナー
藻が異常なほど大量発生している地域から収穫されたブルーム藻(※1)を採用、天然の防臭効果があります。

環境に配慮されたシューズを購入することは、とても良いことですが、使い古したスニーカーをゴミとして捨てない方法をセットで考えることも大切です。例えば、様々な企業が実施しているリサイクル活動を活用してみてはいかがでしょうか。

▶︎リーボック オンラインサイト「FOREVER FLOATRIDE GROW」ページ
https://reebok.jp/model/LDV64/

※1
ブルーム藻:藻類が大発生する現象のことをブルームという。有毒な藻類の異常発生により、道水が飲用禁止になる問題が発生している。

Photo: リーボック

(エコイスト編集部)


おすすめのバックナンバーはこちら
アディダスからヴィーガン対応のサステナブルスニーカー
靴底から靴ひもまでリサイクル可能!

2020.10.28