持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

大量消費都市から循環都市へ

世界屈指の大都市と称されることもある東京。人口の多さと経済力の高さゆえに、大量消費都市でもあります。あらゆるものが大量消費されています。そして、ワインのコルクも大量消費されているうちの一つです。その数なんと、東京だけで年間約1億5000万本(2018年酒税調査)。これは、日本全体のおよそ3分の1を東京で消費しているという数値です。この捨てられるコルクの数と、コルクの持っている特徴である、軽く、水は弾くが空気は通すといった高い機能性に目をつけた人がいました。当時飲食業に従事していた、株式会社GOOD DEAL COMPANY(以下、GOOD DEAL COMPANY)の代表北村氏は、捨てればゴミになるコルクを活かし、資源に再生化する取り組み「TOKYO CORK PROJECT」を2010年より始めました。その当時は、まだSDGsもスタートしておらず、ESG投資も認知されていない時代です。しかし、それにも関わらず、コルクの再資源化を始めた北村氏は、そのきっかけについて、『次世代の子どもたちに環境問題を押しつけるのではなく、自分ができる精一杯をやっておきたい。』とインタビューで述べています。

コルクの再資源化プロジェクト開始から節目となる2020年。GOOD DEAL COMPANYは、再生コルクとその他の廃棄マテリアルやリサイクルマテリアルを組み合わせた新たなコンセプトブランド「anela(アネラ)」をスタートさせました。anelaは、リサイクルの目的が資源回収のみではなく、再生資源を選択し、新たな資源消費を抑制することであることを体現するブランドで、現在以下の3つの製品が登場しています。

①BUDDY BOWL
再生コルクとリサイクル珪土の陶器、または蛍光管再生ガラスを組み合わせたペット用のごはんボウルです。コルクの台座が滑り止めの役割を果たしており、器は艶やかで上品な白さの再生陶器と、繊細な気泡が入った素朴な風合いの再生ガラスの2種類をラインナップ。

BUDDY BOWL

②BUDDY BED
中材に再生コルク、カバーに廃棄デニム、中袋に再生ポリエステルを組み合わせたペット用クッションベッドです。愛犬の体格や好みに合わせてフィット感を調整できるアシンメトリー形状のラウンドタイプと、季節に応じて粒の大きさが異なる表裏を使い分けられるスエアタイプの2種類をラインナップ。ベッドの設計を手掛けたのは、愛知県名古屋市に拠点を構える老舗枕メーカーのKITAMURA MAKURAで、長い歴史のなかで培われてきた高い技術力が随所に活かされています。

BUDDY BED

③BOTTLE CARRY BAG
再生コルクと再生ポリエステルを組み合わせたワインボトルを持ち運ぶキャリーバッグです。内側は弾力性のある再生コルク製でしっかりボトルを包み、外側は質感の良い再生ポリエステル製でシンプルでもおしゃれなキャリーバッグとなっています。

大量消費は”悪”とされがちですが、GOOD DEAL COMPANYは視点を変え、『大消費都市は、再生資源の宝庫である』とみています。私たち消費者も資源の宝庫と捉え直し、資源循環の流れを良くするために循環可能なものを選んだり、循環されて出来た製品を選んだりすることが必要です。企業、消費者の全員で、大量消費都市から、循環都市へと生まれ変われるチャンスなのです。


▶︎TOKYO CORK PROJECT
https://tokyocorkproject.jp/

Photo: 株式会社GOOD DEAL COMPANY

(エコイスト編集部)


おすすめのバックナンバーはこちら
デッドストックから循環型社会を生む
捨てるのはもったいない不要品はジモティースポットでリユースへ

2020.11.18