持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

炭を使って森を守る

森林破壊というと、大規模な熱帯林の伐採を思い浮かべる方が多いかと思いますが、日本の森林を管理せず放置し、土砂崩れを引き起こしたり、地下水が危機に瀕したりすることも、森林破壊と言えるのではないでしょうか。特に、地下水の量や質が下がる問題は、生活圏である都市部に暮らす人たちの生活水の問題につながっているため、解決する必要のある問題です。

では、どうしたら山の健康を守ることができるのでしょうか?答えは、不要な樹木や竹を伐採し、適度な本数に保つ「間伐」です。しかし、竹や木材の需要が増えなければ、木を伐採する樵(きこり)の収入にならないため、継続的な間伐を行うことはできません。この問題に対して、炭の製造を行っている株式会社炭義.は、「キコリの炭」という答えを出しました。

キコリの炭は、日本の山から切り出された樹木や竹を利用した高品質な炭の素材ブランドで、特徴は以下の3つです。キコリの炭は、炭シャンプー・トリートメント、脱臭剤など生活に取り入れやすい商品が揃っており、消費者が購入することで山の健康を守ることにつながっています。

2020.11.25