持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

ヨガマットがサンダルに!

ここ数年、ヨガをはじめる人がさらに増えてきましたね。ヨガでは床にヨガマットを敷き、その上で行うのですが、何年も使ったり、パワーヨガをやっていると、表面がすり切れてボロボロになったり、滑りやすくなったりと、その寿命は早く終わってしまいます。そうなってしまうと、捨てるしか方法はありませんが、愛着があるものを簡単に捨てるのはなんだか寂しいですよね。そんな時は、アップサイクル(*1)で思い出を別の形にして、そばに置いておきませんか?

東京・渋谷にあるヨガスタジオ「YOGA FOR EVERY BODY」は、ヨガマットの素材と形状を活かし、買い替えが必要なヨガマットを”サンダル”という新たなプロダクトとして生まれ変わらせるアップサイクルプロジェクト、「Satanama Sandal”(サタナマ・サンダル)」をスタートさせました。

このプロジェクトは、定期的に募集を募り各50足限定で、独自に開発した工程を経て、全て職人の手によるハンドメイドで1足1足丁寧に製作されます。持ち込んだヨガマットの色がそのままサンダルに反映されるため、さらに愛着がわきそうです。また、サンダルの鼻緒に使われるレザーは、革工房で廃棄される皮を使って作られており、革製品のアップサイクルにもつながっています。さらに、オーダーサンダルを作った余りのヨガマットは、オンラインストアで販売するサンダルの製品材料として捨てることなく、使用されます。ちなみに、オーダーサンダル第一期の募集は、2020年11月10日~12月6日で行われており、2021年1月中旬頃にお届け予定とのこと。

2020.11.30