持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

回収ペットボトルがパッケージとして帰ってくる

プラスチックは利便性が高く、あらゆるところで使われていますが、廃棄されたプラスチックについては、海に廃棄され海洋生物が誤飲したり、焼却処分されて二酸化炭素を排出したり、世界規模の環境問題として注目を集めてしまっています。プラスチックを製造する業界がプラスチックに関する問題に取り組むなか、包装資材事業会社であるDIC株式会社(以下、DIC)が、回収ペットボトルを原料とする軟包装材用ドライラミネート接着剤「ディックドライ LX-RPシリーズ」を開発したと発表がありました。

DICの発表によると、発表された「ディックドライ LX-RPシリーズ」は、一般消費者から回収したペットボトル(FDA認証*1 対応の回収ペットボトル)をケミカルリサイクル(*2)により接着剤の原料とした環境調和型の製品で、主に一般消費財向けの軟包装材料として使用される予定です。販売は、2021年7月~9月を見込んでいるとのこと。

ペットボトルは、飲料メーカーがボトルtoボトル(*3)や植物由来原料を使用するなど、対策が進められていて、リサイクルしやすいイメージがあるかもしれません。しかし、発表によると、ペットボトルを用いた樹脂は硬く強靭な物性を有するため、柔軟な性質が要求される接着剤への適用は、従来困難とされていたそうです。そこで、DICは、溶剤系ドライラミネート用接着剤の樹脂設計において、独自の高分子合成技術により、回収ペットボトルのケミカルリサイクルを行い、接着剤樹脂原料としての適用を可能にしたとのこと。今回発表された「LX-RPシリーズ」は、回収ペットボトルを製品中に25%(固形分比)含むもので、従来の「LXシリーズ」と同様、軽包装材料や詰替包材に至るまで幅広いパッケージに適用することができるそうです。

2020.12.21