持続可能社会をみんなで

menu
English/Japanese
ecoistecoist

サステナブルニットウェア「NETENE.」

寒さが厳しいこの時期の朝は、あたたかい毛布にずっと包まれていたいと思いますね。そんな暖かく包んでくれる毛布、なかでも国産毛布の90%が大阪府の泉大津市で作られているのをご存知でしたでしょうか。そんな毛布のまち、泉大津市でニット用原糸を扱って約半世紀という澤田株式会社は、ユニークな価値ある糸づくりを大切にし、安定した品質でニット製品を作り続けています。そんな澤田株式会社は、持続可能社会に向けて、新たなオリジナルブランド「NETENE.(ネテネ)」を2020年11月にスタートさせました。

NETENE.は、循環型のサステナブルニットウェアをコンセプトにしたブランドです。NETENE.は使われている糸が特徴的で、澤田株式会社が開発したオリジナルの「エシカルフィール」という糸が使われています。エシカルフィール糸は、これまで捨てられていたコットンの種のまわりについている、やさしい産毛を原料とした糸で、柔らかな肌ざわりと優れた調湿機能を持っているとのこと。また、NETENE.のニットウェアは、循環型ということで、土に還ることも特徴の一つです。

2021.01.08