menu
English/Japanese
STYLESTYLE 編集部セレクトのアイテムをご紹介

発想力と行動力で事件解決!?

今回は映画『マスカレードホテル』の原作となる東野圭吾著『マスカレードホテル』をご紹介させて頂きます。

・登場人物と主なあらすじ
物語の鍵を握る登場人物は2人。
ホテルマン…山岸尚美
刑事…新田浩介

舞台は東京。都内で立て続けに3件の不可解な予告連続殺人事件が起き、警察はこれまでの流れから第4の犯行現場を一流ホテルの〝ホテルコルテシア〟であることを突き止める。さらなる悲劇を生まないために警察が考えた捜査方法は「ホテルマンとしてホテルに潜入し、ホテルに訪れる人を監視する」というもの。警察官として国民の命を守るため素性の知れない宿泊者の正体を暴き、宿泊客の仮面を剥ぎたい新田とホテルマンとしてお客様の安全と安心を第一に考え、宿泊者の仮面を守ろうとする山岸。お互いに仕事のポリシーを守るが故、衝突してしまい、捜査開始から一色触発な状態が続く。果たして、この一流ホテルを舞台に本当に殺人事件は起きてしまうのか?〝宿泊者〟という仮面を被った犯人は一体誰なのか…。

・素性の分からないお客様達とプロフェッショナルな2人
一流ホテルの〝ホテルコルテシア〟には連日多くのお客様がそれぞれの事情を抱えながら来館されます。警察の立場からすると怪しい人はすぐに事情を聴取し、白黒つけたいところですが、相手が誰であって、どんな目的でホテルを使用しようとホテル側としてはお客様に対して最大限のおもてなしをしなければなりません。この歯がゆさこそがこの物語を面白くしているスパイスではないでしょうか。最初は警察とホテル、それぞれのプロが自身の腕に自信を持っているが故に衝突を起こしてしまいますが、展開が進むに連れお互いの仕事の対する意識の高さに惹かれていきます。殺人が起きるかも知れないという緊迫した状況の中、山岸と新田という2人のプロが最善を尽くすためにお互いを信頼し助け合う。手段は違えど最終的なゴールは「このホテルの平和とお客様を守りたい」という同じ気持ち。2人の気持ちが通じあっていく過程と共にどんどん物語に引き込まれて行き、最後にはあっと驚く結末が…。

・さいごに
ホテルマン山岸を長澤まさみさん、刑事新田を木村拓哉さんが演じることで話題となった映画マスカレードホテル。映画を鑑賞し終わった後はぜひ、原作も読んでみてくださいね。

カートに入れる画像

商品名:マスカレードホテル
価格:836円(税込)

(エコイスト編集部)

2019.09.12

STYLE