menu
English/Japanese
STYLESTYLE 編集部セレクトのアイテムをご紹介

パッケージまですべて堆肥化可能な、竹でできた歯ブラシ

 ecoistでこれまで何回も取り上げてきた海洋プラスチック問題。海の生態系を破壊し、マイクロプラスチックの発生原因となる厄介者です。海洋プラスチックが発生する大きな原因は、適切にリサイクルされなかったプラスチックごみ。地上にごみとして捨てられたプラチックが、河川を通じて海へと流出し、海洋プラスチックとなるのです。つまり、リサイクルできない、使い捨てのプラスチックごみを減らしていくことが、海洋プラスチックを減らす一番の特効薬となります。

 リサイクルが難しく、使い捨てられることが多いプラスチック製品といえば、ストロー、レジ袋、歯ブラシなどが挙げられます。この中で、プラスチック製のストローを減らすためには、素材に紙や木、生分解性のプラスチックを使ったものを選んだり、そもそもストローを使わない、という選択肢を取ることができます。また、レジ袋もエコバックを使えば、使用量を減らすことができますよね。ところで、歯ブラシは…どうでしょう? すぐにプラスチック製の歯ブラシを使わなくなるということは、ちょっと難しそうですよね。

 でも、ご安心ください。100%自然に分解される素材で作られた歯ブラシを、アメリカのコルゲート・パーモリーブ社が開発しました。材料として選ばれたのは、日本では馴染み深い材料である、竹です。

 竹は生分解性の素材であるため、コンポストなどで堆肥化することも可能です。ハンドルにはエッチング処理を施すことで、滑りにくくしてあります。竹の模様のオシャレなエッチングなので、バスルームでもスタイリッシュに見えますね。竹は農薬や肥料を使用しなくても驚異的な速さで繁殖・成長するため、大量生産にも適した、持続可能な材料であるとも言えます。

 また、毛には細く柔らかい豚毛を採用しました。備長炭を注入しているため、消臭効果にも期待できますね。さらに、カビ対策として、天然の蜜蝋で防水処理しているほか、パッケージにはリサイクル可能なボール紙を採用。プラスチックの使用を極限まで抑制しています。

 もちろん、使い心地にも配慮しています。豚毛は一般的に歯ブラシの毛に使われるエナメルよりは硬いため、最初は少し違和感があるかもしれませんが、慣れれば普通の歯ブラシと同じように磨くことができます。

 昔から馴染み深い竹が、テクノロジーの発達で身近なエコアイテムへと生まれ変わりました。持続可能な商品を少しでも生活に取り入れて、楽しみながら、個人レベルでも環境負荷を減らしていきたいものです。

▼100%自然に分解される素材で作られた歯ブラシ▼
https://www.colgate.com/en-gb/products/toothbrush/colgate-bamboo-charcoal-soft

(エコイスト編集部)

2020.01.16

STYLE