menu
English/Japanese
STYLESTYLE 編集部セレクトのアイテムをご紹介

電気代500円。贅沢な毎日

皆さんは毎月の電気代をどのくらい支払っていますか?今回ご紹介する本「電気代500円。贅沢な毎日」の著者、アズマカナコさんのお宅は、ご主人様とお子様2人の合計四人暮らしで電気代が月々500円と言うから驚きです。この本には電気に頼らずとも豊かであたたかい暮らしのワンシーンがたくさん描かれています。毎日使っている電気のこと、電気と私たちの素敵な関係についてこの本を読んで少し考えてみませんか。

アズマさんのご家庭は普段私たちの家にあるようなほとんどの電化製品がないと言います。例えばエアコン、洗濯機、冷蔵庫。かつて三種の神器と呼ばれ、瞬く間に一般家庭に普及していったこれらの家電もアズマさんの家庭にはありません。また電子レンジやケトル、掃除機などあったら便利な家電も工夫して生活することで、まかなうことが出来、必要性を感じていないそうです。

生活を豊かにしてくれる家電が出てきたのは、長い歴史の中から見るとここ最近のこと。以前は自らの手で行なっていたことばかりです。自分で出来ることだけど、自分ではやらないという選択を我々はしてきたのです。しかし「生きる」ということは本来自分の力の範囲内で活動し、生きていくことではないでしょうか。アズマさんは自らの力で生きる道を選びました。「機械に頼ると体は弱っていく。『便利』は行き過ぎると『不便』になるんです」とおっしゃるアズマさん。最先端の便利な暮らしばかりを求めてしまうと、自らの頭や体を使う機会を失うことになり、筋力や思考能力が劣るだけではなく、人間が本能的に持つ動物的感覚も失われてしまうのでは?と警鐘を鳴らしています。

「電気代500円」というキャッチコピーが目を引くこの本ですが、電気代の節約術についてのヒント集ではなく、あることに感謝し、もったいないの精神で大切に丁寧に使わせてもらう昔の古き良き日本を思い出させてくれるようなあたたかな暮らし方について書かれた一冊です。「昔はこうだったな」と思い返して終わるのではなく、この現代にどのようにしてその古き良き日本を再現させるかをアズマさんは私たちにこの本を通して教えてくれています。今日からできる優しくて贅沢な生活。あなたも何かひとつこの本から選んでみませんか。

書評:長谷部さちこ

(エコイスト編集部)

Add to cart

商品名:電気代500円。贅沢な毎日
価格:1,109円(税込)

(エコイスト編集部)

2020.03.14

STYLE